オフセット印刷の美しさは印刷の高品質で語れるように、そのきめ細かい作業と高性能な機械が一体になり、すばらしい色を生み出すことができます。印刷物というものは時に、季節、気温などにとても敏感で、色が変化することなどがあります。そんな場合でもインクのノリ具合を微妙に調節し、印刷ひとつひとつにあった適格な判断を行い、なお丁寧に印刷という作業にとりかかります。わずかな狂いも許されない作業の中で、職人たちが印刷物を見つめる目は真剣そのものです。長年の経験を積んだ職人でしか創り出す事の出来ない技が一つ一つの製品の中にきらめいています。

平成18年4月から当社では発展向上するために通常印刷はもちろんのこと、さらに印刷のクオリティーをグレードアップし、スピードを可能にする高性能三菱ダイヤ6C-UV機導入を標準化いたしました。

●光沢や特殊紙などの質感を重視する印刷の定着化。
●UVライトにより連続同時印刷が可能になり、効率良く
時間短縮。
●硬い皮膜で表面を保護するため、摩擦、キズに強い
製品を作る事が出来る。
●通常印刷より難度が高い銀蒸着紙への印刷が実現。
●圧力による色落ちがなく、変色も少ない高品質な印刷が
可能。